?? きゆるぎ(喜柔生)治療院

きゆるぎ治療院






TOP
治療コンセプト
施術の流れ
メニュー
セラピスト紹介
イベント
お客さまの声
地図・アクセス
よくあるご質問
 ご予約・お問合わせ
メルマガ
商品のご案内
スタッフブログ
リンク

 

 

Top




◆◇『愛手 〜MANADE〜』◇◆



日本の伝統武術と健康法を融合発展させた
当院独自の自然療法です


あなたの心と体をストレスからパワフルに解放
深いリラックス潜在能力を最大限に引き出します


健康になりたい人はもちろん
あらゆるストレスに負けず
人生を楽しみたい全ての方を応援します!!




院長 片寄 陽平





◆◇◆◇お知らせ◆◇◆◇


片寄陽平の幸せを呼び込むマジカルメッセージ

〜マジカル紙面セミナー〜


メルマガ「きゆるぎの風」より

 
《マジカル紙面セミナー》
「不安や恐怖を感じたら読むメール^^」br>

*****

私たちは、「自分」というフィルターを通して「世界」を見ています。
ですから、“世界がどんな姿をしているか?”という問題は、 世界の問題ではなく、私たち自身の問題なのです。

例えば、自分を導こうとする声を疑ってしまうとします。
それはどうしてでしょう?

その答えは、
自分が、愛ではないものを、世界に与えてしまっているからです。

***

相手に言うことを聞かせたくなる時、自分の内に無価値感があります。
それは、相手に自分を認めさせたり、言うことを聞かせることによって、 自分の価値を埋め合わせようとするからです。

そのように、「言うことを聞かせることによって相手から価値を奪う」という埋め合わせを続けると、 自分のなかに、「相手の言うことを聞くことは価値を奪われることだ」というプログラミングがなされます。
そうすると、本当に自分を導いてくれる声にも、素直に従うことが出来なくなってしまうのです。

また、例えば友人やお客様などに対し、 本当に栄えることを望んだ時「伝えたほうがいいな」と感じることでも、 「それを伝えたら相手の感情を刺激して、離れて行ってしまうのではないか」と感じると、 それが恐怖となって、なかなか想いを伝えられない方もいらっしゃいます。

でもそうした恐怖もまた、自分自身を見ています。
つまり自分自身が、「栄えるために出会った言葉や出来事を拒絶する」というやり方を行っているため、 相手も“自分と同じように”離れて行ってしまうのではないか?と心配になってしまうのです。

***

そうした恐怖から本当に解放されるためには、 ご自身の行っていることを変えていくしかありません。

世界が疑わしく見えるなら、自分は世界に痛みを与えないようにする。
世界が離れていくように感じるなら、自分は絶対につながり続けると決める。
役に立たないと貰えないと感じるなら、自分は役に立つか立たないかで与えたり与えなかったりするのをやめて与え続ける。
言うことを聞かないと愛されないと感じるなら、感情任せに愛したり愛さなかったりするのではなく、 相手が自分をどう扱おうと、自分にどんな態度を取ろうと、何があっても愛し抜くと決める。

そうすれば、
「自分がどんな風に扱おうと、どんな態度を取ろうと、相手が離れていくことはない」 という風に、ご自身の信念が書き変わっていきます。

外から与えられた「安心」は、外からの出来事で簡単に壊れてしまいます。
誰かに与えられた安心は、その誰かの一挙手一投足によって奪われてしまいますし、 誰かを拠り所にすれば依存となり、今度はその人を失ってしまうのではないかと恐怖することになります。

大切なことは、安心は、誰かに与えられるものではなく、 ご自身の中に見つけるものだということです。

世界を見ながら、自分の内にある信念に気付き、手放していくことで、 本当の安心は蘇っていきます。




メルマガ『きゆるぎの風』は
きゆるぎ治療院院長・喜柔生宗家 片寄陽平からの「幸せを呼び込むマジカルメッセージ」を始め、 セミナーのご案内やキャンペーン情報、ハッピーコラムなど、読むだけで幸せになってしまうような楽しい話題満載のメールマガジンです(*^^*)

お申込みはこちら



◆◇◆



〜 こんな自分がイヤと思ったら行くセミナー 〜
第20期『心と体の癒し人養成講座』
お申し込み受付中!!


Stage1
2017年1月14日(土)
      15日(日)

Stage2
2017年2月11日(土)
      12日(日)

Stage3
2017年3月11日(土)
      12日(日)
  

Stage4
2017年4月14日(金)〜
      18日(火)
  

Stage5
2017年5月6日(土)
      7日(日)
  

     お申込み・詳細はこちら

         

       


    *その他、きゆるぎセミナーのご案内はこちら








   
   

               (c)Yuzen 最終更新日:2017.03.09.           ↑page top